森の香り*魂のヒーリングセラピー

愛知県小牧市で、ハートの声を聞くカウンセリング、傾聴、本来の自分と心身の安らぎをサポートするヒーリングを行っています

生命エネルギーが病を治す

私の本棚に眠ったままだった、高橋國夫さんの「愛のお灸レッスン」
という書籍の冒頭で、私がセッションを通して、行っていきたいこと、
目指していることに共感する文章を見つけ、
手段は違い、私の場合はヒーリングを通してではありますが、
本意が伝わればと思い、それを以下にご紹介させていただきます。


   image39.jpg

『はじめに -不思議との出会い-

鍼灸をはじめたばかりのころ、不思議な出来事に遭遇しました。
初夏を迎えた北海道の、ある日曜の午後のこと、友人がぎっくり腰になって診てほしいというので往診に行ったときのことです。
結婚したばかりの彼の家には、若い奥さんと一歳の赤ちゃん、それと彼のご両親が同居していて、心配そうに友人を見守っていました。
治療はおだやかにお灸からはじまり、やがてハリの佳境を向かえようとしていました。そのとき、私は奇妙なことに気づいたのです。友人にハリを打つたびに、かたわらに寝ていた赤ちゃんがびくりっとするではありませんか。
部屋にはお灸のにおいがただよい、友人は治療を受けながら気持ちよさそうな寝息を立てています。そのそばで、赤ちゃんをあやしていた奥さんも、そしてご両親もいつのまにかうつらうつらしていました。部屋はしんと静まり返り、あたたかい空気が流れています。
そのなかで、赤ちゃんだけが、ハリの心地よい刺激に反応するようにからだを動かすのです。はじめは心地よい環境での偶然起こった現象と思っていたのですが、やがて、友人のもっとも痛がっていた腰の部分に最終的な強いハリを打ち込んだとたん、赤ちゃんが火のついたように泣き出したのです。
何事が起きたのかとびっくりした奥さんが、赤ちゃんのおむつを見て、
「あら、まあ」といいました。
赤ちゃんがウンチをしていたのです。
「三日もお通じがないので、心配していたのに」奥さんは大喜びでした。
赤ちゃんがハリに反応したことが偶然ではなかったと確信した私は、不思議な気持ちになりました。治療を受けていたのはお父さんである友人ですが、友人と赤ちゃんは、何かでつながっていたのでしょうか。友人も赤ちゃんも最期のハリを境に体調を取り戻したのです。
そのとき、私のこの現象を「無線のように生命の力が空中を飛んだ」と素直に感じました。
・・・
赤ちゃんの便秘が治ったとき、何の理論的説明もなく、「気は、生命(いのち)だったのだ」と思ったのでした。
人は、生命そのものについて何一つわかっていないのに、生命によって生きていることはだれでも知っています。論理的説明などなしに納得しています。
そうだったのです。だれもが知っていて、いざ説明しようとするとむずかしいことはいくらでもあります。「気」というのも、だれでも知っている「生命力」のことだったのです。
友人のからだが治っていくと同時に赤ちゃんの便秘も治っていったのは、お父さんと赤ちゃんのからだに、生命エネルギー(気)が通いあっていたからでした。奥さん、ご両親が気持ちよさそうに眠りに誘われていたのも、家族みんなの気が通いあったせいです。まるで無線のように家族全員の生命エネルギー(気)はつながっていたのです。
・・・
東洋医学は、2000年も前から、だれでも知っている「生命そのもの」を扱ってきたのだなあ、とあらためて思い、その長い伝統が教えているのは「体得」の世界なのだと実感したのです。
本書のタイトルに「愛のお灸」とつけたのは、人と人とのあいだに通う愛が、だれでも知っていて、だれも説明がつかないもの、
つまりは生命エネルギー(気)と同じものであり、それが病を治す
という思いからです。
・・・
不思議なことですが、人をいたわり心配すること、またその人の手がほどこす、きわめて日常的な癒しの行為は、
それだけで、人にそなわっている「自然治癒力」を引き出します

昔の人は、そのことを体験的に知っていたのです。また体験的にしかわからない世界でもあります
・・・
その体験から得る知恵が、現代のさまざまな病気を未然に防ぐことになるでしょう。』


スキルがなくても、誰もが簡単にできて、大きな効果のある方法が、
今、不思議と私のもとに引き寄せられてきています。
ヒーリングと合わせて、ご紹介していければ、
一人でできそうなことは、日常の中で取り入れていただくこともでき、
それは、とても良いことではないかなと私自身思います。

自分でできる日常的なケアと、人にしてもらうからこそ良い部分と、
両方あると思いますので、自分にとってより良い方法を見つけ、
心身共の健やかさを目指していただけたらと思っています。




スポンサーサイト
[ 2018/07/05 15:54 ] 健康 | TB(0) | CM(0)