森の香り* 魂のヒーリングセラピー

愛知県小牧市で、ハート(感情・心・魂)の声を聴く、直観カウンセリング、本来の幸せな自分・心身の調和をサポートするヒーリングを行っています

癒やしは川の流れのように

自分の中にある「癒されていない部分」を癒すためには、
自分でできる範囲と、
他者の存在、助けが必要な場合があります。

    image100.jpg

癒やしの仕事があることで、
「癒されなければならない人」をつくる、
という意見がたまにありますが、

これを逆に言えば、
癒やしの仕事がなくなった場合、
癒されない部分を抱えたまま、
生きていかなくてはならない人をつくる、
と言い換えることができます。

同時に、人に助けを求めること、
他者のサポートを借りて自己を癒す
という「経験の機会」も失ってしまうことになります。

ヒーラー(ヒーリングを行う側)と
ヒーリー(ヒーリングを受ける側)との成り立ちがあり、
それは神聖な機会であり、
そこでヒーリングが起こることによって、
新たな展開、シフトが起こります。

癒される機会が持てなかった場合は、
この新たな展開や、シフトのチャンスも失ってしまうことになります。

もちろん、ヒーラー以外の身近な人や方法からでも、
癒やしの機会を得ることができれば、
それが、新たな展開やシフトのきっかけになります。

新たな展開やシフトを選択するかどうかという点については、
ヒーリーの自由意志に委ねられていますが、

ヒーリングを受けることで、
癒しが起こる過程をゆっくりと経験しながら進んで行きたい、
そういった目的があれば、その思いが満たされた時に、
新たな展開やシフトに自らの意志で移行することができるでしょう。

ヒーラーや他者の力を借りずに、
自分の力で自分を癒す、という挑戦ももちろん良いと思います。

自由意志が尊重されますので、
そこに必要な経験があり、間違いではありません。

但し、人と人が支え合い、助け合うことが
この地球での学び、貴重な経験の一つだと思いますので、
そのことに、いずれ気付かされることになるでしょう。

ですので、人のサポート、力を借りたいと思った時には、
川の流れのように、その素直な気持ちに任せて、
これ以上は自分の力で大丈夫、と思えた時には、
卒業の時、と気付いて、そうやって
サラサラと進んで行くのが私は良いと思います。

また、そのような対応をするのが、
ヒーラーとしての役割だと思っています。






スポンサーサイト



[ 2020/05/22 14:50 ] ヒーリング | TB(0) | CM(0)