森の香り* 魂のヒーリングセラピー

愛知県小牧市で、ハート(感情・心・魂)の声を聴く、直観カウンセリング、本来の幸せな自分・心身の調和をサポートするヒーリングを行っています

地上世界にこそ

   image105.jpg

町並みを見下ろせる小高い場所で、
感じ取れたメッセージ、
閃きのようなもの。

地上世界にこそ、すべてがある。
喜びも、本当の幸せも・・



地上世界の苦しみや哀しみを思うと、
いつか逝くあの世、空、天にこそ、
本当の安らぎや幸せがあるのだと、
だから、地上は大変なところだと
まだ思っていたところがありました。


この地上にこそ、
本当の幸せ、喜びがある・・

苦しみや哀しみがあるからこそ、
本当の幸せ、喜びとは何かを感じられる。

苦しみや悲しみがなくては、
本当の幸せも、喜びも、分からない。

成長もない。

だからこそ、この地上で、生ききること、

いかにして生きるか?

それこそが、魂が求めていること。


意識がまた少し広がったような清々しい気持ちと、
一方で、
まだ腑に落ちない思いがしていました。


そんな時、
2009年製作の映画 『禅 ZEN』 の中の
主人公、道元禅師の言葉に、

この世に仏と出会い、この世に浄土を見よ

という言葉があり、

今の私が知り得たかったのは、このことだったと、
賦に落とすことができました。

映画を観た後日、弘法大師空海も、
同じ事を説いていたのだと気付きました。

「仏」というのは、自らの仏性であり、
自分以外に宿る仏性の
両方を指していると思いますが、

今、スピリチュアルでもさまざまな情報が飛び交い、
それは、夢見心地と不安感を行ったり来たりに
なりがちだと思います。

町並みを見下ろせる場所で受け取れたメッセージと、
道元禅師の言葉は、

しっかりと地に足を着けて生きること、
地上世界を浄土にするために生きることの大切さに
改めて眼を開かせてくれたように思います。





スポンサーサイト



[ 2020/09/20 16:17 ] 閃き | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する