森の香り* 魂のヒーリングセラピー

愛知県小牧市で、ハート(感情・心・魂)の声を聞くカウンセリング、傾聴、本来の自分と心身の安らぎをサポートするヒーリング・アロマテラピーヒーリングを行っています

節分、立春を超えて

立春の4日は、晴れたり曇ったり、
それは心の風景のように、心許なく、
めまぐるしく天気が変化していました。

    image50.jpg

その日、よく目に付いたのは「車」でした。

車と聞いてどんなことを連想されますでしょうか?

便利な物、高価な物、スピード、ステータスがはかられるもの等、
いろいろあると思いますが、

なぜ、この車が目に付いたのか、
それは、もしかしたら、

便利さ、スピード、ステータスに必要以上に標準を合わせて
生きていくことの限界に
もうそろそろ気づく時なのかもしれません。

車を持つことがいけないことではもちろんなく、
それから読み取れる世の中の風潮として、という意味ですが、

今以上の便利さやスピードを求めても、
ステータスを目に見えるもので周りに示しても、
苦しくなっていくだけだということに、
気づいた方が、自分だけでなく、周りも楽に、
幸せになれるということだと思います。

便利さやステータスを求めたい人は
それによってモチベーションが上がれば良いと思いますが、
しかし、それだけがすごいことでもない、ということに、
多くの人が意識を向けていくことも
これから必要なことではないかと思います。


そして、昨年、今年、
自分自身の立ち位置、
を理解できる時のように思います。

自分を卑下しがちな人は、
自分に自信を持つように、
傲慢になりがちな人は、謙虚さを持てるように、
そのための出来事として、受け止めていくと、
自分の立ち位置を知り、
そこから本来の自分、
魂の目的、行動に繋げていけるように思います。




スポンサーサイト
[ 2019/02/07 11:40 ] 今を生きるメッセージ | TB(-) | CM(-)