森の香り* 魂のヒーリングセラピー

愛知県小牧市で、ハート(感情・心・魂)の声を聞くカウンセリング、傾聴、本来の自分と心身の安らぎをサポートするヒーリング・アロマテラピーヒーリングを行っています

芸術作品について

NHKの『日曜美術館』で、
遠藤彰子さんを知りました。

高さ3メートル以上の巨大な絵画。
現代の神話のような不思議な世界。
(という風に新聞に紹介されていました。)

昔描かれたある作品は、
昼の空を見上げる風景かと思ったら、
もう一つ、夜の空も描かれていて、
絵の中に、二つの見上げる世界が存在している。

番組の中で完成した作品は、
生命の始まりから、いろいろなものが生まれて、
その中に人間もいて、いつかは終わりがあって、
それが実は、それらを眺めている世界の作品の
続きの作品でもあって。

二次元の世界の中にも、
時間と空間を超えた自由な世界を表現できる、
これは新しい発見でした。

まさに、神話、という言葉があてはまるような、
ダイナミックであり、力強く、繊細で美しい世界。

遠藤彰子さんから醸し出されている雰囲気が、
そのまま絵になって表現されている、
絵と一体化している、そういう感じでした。

完成した、遠藤さんの作品を見たとき、
優れた芸術作品とは、
見る人の人生を次に繋げていく、
そんなパワーがあるのだと知りました。


   image51.jpg

セッションも、作品を創ることと似ていると思います。

人それぞれ、またその時その時で、作品が違い、

その作品から、何かが生まれたら、

それは、言葉、心の風景、希望、安らぎ、今・・・

それが明日に繋がりますように。

そんな、祈りのような作品。


絵画と違うところは、
私一人では創れないというところ。


そして、芸術も、セッションも、
観てくれる人、お申し込みをしてくれる人がいて
はじめて成り立つもの。

人生を次に繋げていく。

人間同士だからこそ、
セッションも、
創れらる価値がある芸術作品なのだと思います。




スポンサーサイト
[ 2019/02/11 16:56 ] 映像 | TB(-) | CM(-)