森の香り* 魂のヒーリングセラピー

愛知県小牧市で、ハート(感情・心・魂)の声を聴く、直観カウンセリング、本来の自然な自分・心身の調和をサポートするヒーリングを行っています

海の深さを知る

海の深さを知らず、
浅瀬で遊んでいるのもいい

この先がどうなっているかなんて、
誰も気にも留めていないようだ


      image122.jpg

私は、この先の、
海の底、その深さを知りたいと思った

この海のまだ見ぬ底は、
どんな世界が広がっているのだろうと


私は沖へ出て、
周りには誰もおらず、
それは想像以上に辛く険しい道


浅瀬であっても、
海は、いつも安全で優しいわけじゃない
大波が来て、沖へ流されることもあるだろう


海の深さを知っていなくては
溺れてしまうかもしれない

海の深さ、危なさを知っているからこそ
岸へと導くことができる



もう一度人生をやり直すならば

同じ道を辿るか?と聞かれれば


やっぱり私は、

海の底を、その深さを探しに行くのだろう




スポンサーサイト



[ 2022/09/25 13:27 ] 自分のこと | TB(-) | CM(-)

自分軸の曖昧さ

セッションで来られたお客様のほうから、
〇〇さん(あるスピリチュアルリーダーの方)のファンです、と言って、
話題にされる方がたまにいらっしゃいます。

スピリチュアルに関心のある方なら、
知らない人の方が少ないのではないかと思います。

私も、2018年~2020年頃まで、
その方の書籍を読ませていただいたり、
動画を拝見させていただいていましたが、
2020年の冬至の日を境に、
書籍や動画を拝見することは無くなりました。

“冬至”を境に、というところで、
こういった“節目”に、
潜在的にシフトが起こるものなのだと
実感する機会でもありました。

けれども、なぜ参考にさせていただくことをしなくなったのか、
上手く言葉にできていなかったのですが、
今日は、そのことについて書いてみようと思います。


       image121.jpg


今でも耳に残っている言葉がありますが、

「わがままでいい」
「自己中でいい」
「人のことは放っておけばいい」

という言葉。

耳にしている方もいらっしゃると思います。

これは、「自分軸を持つ」ことを
おっしゃっているのだと理解していましたが、

普通に捉えたら、
違和感を感じるはずの言葉です。

しかし、その違和感も、
饒舌なお話しを聞いていると
納得できることが多ければ、
いつの間にかうやむやになってしまい、
それでいいんだ!!となってしまうのが、
スピリチュアルの危険なところかなと思います。

聞こえの良い言葉に、エゴをくすぐられ、
どんどんはまっていく、
そういう側面もあるということ、

果たして、その表現は正しいのか?
自分は間違った解釈をしていないか?
という冷静な視点を忘れてはいけないと思います。


魂の内なるサインは、

楽しいこと
喜びを感じること
わくわくすること
心地よいこと
惹かれること
しっくりくること
腑に落ちること

というのも、確かに、内なるサインではあると思います。

が、そのサインに、エゴが混ざってしまっているとしても、
自分で判断ができないのが真実のところではないでしょうか?

この内なるサインをもとに、
わがままになり、
自己中になり、
人のことを放っておくと、
どうなってしまうか、
想像に難くないはずです。

スピリチュアルな情報を公に広げている
スピリチュアルリーダーの方達は、
無意識的にかは分かりませんが、

光を広げているようで、闇を深めている、
最も身近な縁ある人との分離を促している、
結果的に、そんな側面もあるように思います。

楽しいこと
喜びを感じること
わくわくすること
心地よいこと
惹かれること
しっくりくること
腑に落ちること

楽しいから、心地よいから、わくわくするから、
という単純な判断で選択できることばかりではないことに、
そろそろ気づきませんか?

もし、エゴとの区別ができず、
このサインだけで人生の選択をして行くとしたら、

だんだん人は、
面倒なことを避け、都合の悪い人は排除していく
ことになってしまうのではないでしょうか?

それが、わがままであること、自己中であること、
人のことを放っておくことの行く末ではないでしょうか?

私自身も、2018年~2020年までは、
納得できるところがあり、
参考にさせていただくことがありましたので、
全てを否定するつもりはありません。

けれども、すごい人だからと
全てを鵜呑みにしてしまうことがないように、
過度に囚われてしまうことのないように、
する必要があるということを
考える機会にしていただければと思います。


※ブログの内容は、こうだという断定、押し付けではありません。
内容が、役に立つ方もいれば、役に立たない方もいらっしゃると思います。
こういった考え方、視点もあるのではないでしょうか?というご提案であり、
内容を通して、今一度、自分を客観視する機会としていただければ幸いです。




[ 2022/09/20 14:03 ] 閃き・提言 | TB(-) | CM(-)

便利な社会となって

便利な社会となって

人は、感謝の心を失い

謝罪の心も失った

     image120.jpg


言葉だけの「申し訳ありませんでした」

言葉だけの「ありがとうございました」


感謝の心、謝罪の心なくして

人と人は幸せには生きられない


人の親切に気づけず

自らの過ちを省みず

自分を正当化し

自分と他人を欺くならば

あなたは、人生の選択を誤った


そんなことを続けていては

自分を信じることも

他人を信じることも

できなくなってしまう


大切にしなくてはならないものを
間違えてはいけない

そのことに、気づいた方がいい





[ 2022/09/15 13:36 ] 今を生きるメッセージ | TB(-) | CM(-)

「修行」について

以前、お知り合いになったお坊さんがいました。

見た目は、つるっとしていて色白で、
線が細くて、しなやかな姿の
いかにもお寺の小僧さんという感じの。

実際は、ご住職をされていると聞いて、
少し驚きました。

まだ青年のように見えましたから。

    image119.jpg

会話をさせていただく機会もあり、
その人となりに触れさせていただき、
気づかせていただいたことがありました。

それは、違和感として感じられていたことですが、

一貫して、物事に対する考え方が「合理的」であったことです。

それゆえ、決断の時には、素早くきっぱりとしていて、
それはお坊さんらしく立派にも思えましたが、

けれども、
会話をしていると、こちらの気持ちが
空しく寂しくなってきて、
人としての温もりが感じられない。

感情を排除して、
いかに理性的であるかを重視し、
「修行」もその為のものだと、
お坊さんの話し方や振る舞いから、
そのように捉えていらっしゃるのだと見受けられました。

もう少し言ってしまうと
ご自分にとって、それが都合が良い、
という感じでいらっしゃいました。

まるでロボットのようで、
しかし、ロボット化することが、
修行の目的であるはずがないのに。

ご自分では、そのことに気が付いていらっしゃらない。

それが「修行」ならば、
社会人経験をした方がよっぽど修行になると、
そう思いました。

職場では合理的であることが都合の良い面があり、
感情(心)を排除することが、
立派な大人の振る舞いであると、
そう思わされてきました。

しかし、そのことによる弊害は、
今の社会に起こっている多くの問題に結果として現れています。

自分の感情(心)を押し殺して生きている人が、
人の痛みに共感を持つことができるでしょうか?

「お坊さん」と一言で言っても、
仏教の教えを正しく守り、
尊敬に値する素晴らしい行いをされている方がいる一方で、

誤った解釈で修行をされている方もいるんだと、
少なからず、驚かされました。

大切なことは、
真理を正しく見据える眼を養うこと、
同時に、理性を育んで行くこと、
合理的であることばかりでは決してない、
と強く思わされる経験でした。




[ 2022/09/10 13:19 ] | TB(-) | CM(-)

見本とする人

自分がどうしたって出来ない偉業を成し遂げた人と
自分を比べて、自分なんか、と思ってしまうことがあります。

   image118.jpg

しかし、そういう人がいて下さるからこそ、
人は謙虚でいられますし、

そういう人の後ろ姿を見本として、
また前を向いて生きていこう、
そんな気持ちになることができます。

また同時に、自分自身の昔の経験がふと蘇り、
自分は、こんな苦しみを乗り越えてきたんだな、
と改めて思うきっかけにもなりました。

直接面と向かってお会いすることはなくても、
そういった人の表現するものに触れられることが有難いことです。

メディアやインターネットの普及によっても、
今は、それが容易な時代となりました。

けれども、だからこそ、
自分は、どういった人を見本とするか、
どういった情報を取り入れるかの取捨選択においては、
よく吟味して選んでいく必要がある時代だとも思います。







[ 2022/09/04 12:13 ] | TB(-) | CM(-)

魂に適う道

精神世界の学び
仏教の教え
古神道より学んだこと等々・・

image117.jpg

それらが混ざり合い
自らの経験と照らし合わされ

本当に良きもの
より心を捉えるものが
浮かび上がる


これが真の道、魂に適う道だと

より明るく、行く先に光が差し始める





[ 2022/09/02 13:28 ] 日々のこと | TB(-) | CM(-)

霊感・当たる占いについて

セッションの料金に関しましては、
時々、お客様から「どうして安いのですか?」と疑問に思われることがあり、
お仕事を始めた当初から、
“お時間分” として設定をさせていただいておりますが、
なぜ、そうしているのかについて、
今日は説明をしてみようと思います。

   image116.jpg

それはごく簡単に言ってしまえば、
私の中で、それが“良い”と感じるからです。

お仕事を始めるにあたって、
私自身も、「見本となる人」を探して、
いろいろな人のセッションを受けた経験があります。

沖縄から北海道の方、
東京へは、海外の人も来られることがありますし、
幾度となく足を運びました。

けれども、
「霊感」や「当たる占い」を売りにお仕事をされている方で、
高い料金を受け取って対応されている方の
伝えるメッセージに、人生を変えられるような“力”を
感じることができなかった点が、(個人的にはですが)一貫してありました。

それは、目的が“お金儲け”になっている時点で、
メッセージの質が堕ちてしまう、
あるいは、メッセージの質がそれほど高くないから、
料金も高く設定できてしまう、
ということが言えるのだろうと、(私自身は)解釈できます。

また、本来は、“霊感”を磨くこと以前に、
「バランス感覚」や「智慧」を磨くことが先で、
「洞察力」があるかどうかが大切な基本になってくるものだと思います。

ただし、そうではない人からも得られるものはあり、
すべて間違いだということではありません。

自分にとっては、妥当な金額だと思えば、
それも間違いではないでしょう。

目に見えない世界がある、
ということを知るきっかけになったのであれば、
それも価値があったと言えます。


スピリチュアルでは、
自分にはこれだけの豊かさがある、
と“思う”金額をまず設定すれば良い、
というように教えられたりしますが、
それは、お金儲けのテクニックであり、
真理ではない、ということだと思います。

このことからも、スピリチュアルの情報がすべてではなく、
役に立つものもあれば、役に立たないものもある、
という視点を持つことが大切です。

真実を見極める眼を持ち、
いかにして、より良く自分を(活かして)生きて行くことができるか、
それを手助けするものでないと、
本来の目的に敵ったものではないと思います。

一方で、私の経験から、
料金は“お気持ちで”というところもありましたが、
セッション時間は、5分、10分程度で終了となり、対応もぞんざいで、
見習うところがないと感じたのも事実でした。

人生の時間には限りがあり、
そういった中で、お金は便利なものです。

自分を活かし、料金をいただくという、
良いエネルギー交換をすることが、
豊かな人生、光ある人生に繋がっているのであれば、
それも真理の道の一つだと思います。

現在の料金設定が、絶対に正解かどうかは分かりませんが、
これからも、より良いバランスを見つけて、
進めて行きたいと思います。






[ 2022/08/30 13:27 ] 霊感・当たる占いについて | TB(-) | CM(-)