森の香り* 魂のヒーリングセラピー

愛知県小牧市|占い・スピリチュアル| ハートの声を聴くカウンセリング、自然で健やかなご自身をサポートする レイキ&オーラヒーリングを提供しております

もう一つのミラクル

前回のブログを綴っている時に思い出した、もう一つの
ちょっとしたミラクルを書いておこうと思う。

今年の3月の出来事である。

その時も、幼稚園の春休みで甥っ子たちが遊びに来ていた。

「公園に行く」というので、
いつもと同じ公園ではつまらないから、
違う公園に行ってみたら?と場所を教えると、
行ってみる!と言って、親子で出掛けて行った。

その日の夕食時、
「そうそう」と言って、甥っ子のママが、
公園での出来事を語り始めた。

公園に行ったら、
1組の親子(母と娘さん)が遊びに来ていたそうだ。

いつもそうしているように、甥っ子は、躊躇なくその女の子に話しかけ、
一緒に遊び出した。


   image142.jpg


そんな姿を見ながら、
女の子のママと会話が始まり、
お子さんのお年はいくつ?という話になった。

偶然にも“同じ年”だということが判明し、
まぁまぁ、これは、よくある話だと思う。

「うちの子は“夏”生まれで・・」、
というきっかけがあったのかは定かではないが、
生年月日は?という話になり、
これまた偶然に、全く“同じ日の生まれ”だということが判明し、

さらに、話を進めると、
“産まれた病院”まで同じだった、
ということだった。
 
甥っ子は、翌日か翌々日には神奈川に帰る予定だったが、
女の子の方は、1週間後にアメリカに引っ越してしまうのだという。

会うことのできる最後のチャンスだったかもしれない。


これだけのミラクルな出来事だったにもかかわらず、
甥っ子はママのこの話を聞きながら、
全く興味がない、という感じで食事に集中していた。

寂しかったのだろうか?
それでわざと気にしない振りをしているのだろうか?
その真意を思い図ることはできなかったけれど、

来年から小学生になる甥っ子にとって、
ママと一緒に公園に行く機会もなくなって行くだろうから
このようなミラクルはもうなかなか起こらないだろう。

女の子と示し合わすように確認をするように、
魂が引き合ったのだろうか。

とロマンチックな想像をしてみるが、
あるいは、ただの偶然に過ぎないのかもしれない。

けれども、同じ日に、同じ病院で生まれた、
そのことの何気ない会話の中に、
ママ同士が出会い、お互いの数年間の育児を労い、
偶然の驚きだったり、もう会うことはないかもしれないというちょっとした
寂しさを感じたことは事実であろう。

こんな風に、人生には、ちょっとしたミラクルが用意されているから面白く、
また、味わい深いものになるのだと思う。



スポンサーサイト



[ 2023/07/18 15:27 ] 日々のこと | TB(-) | CM(-)

車のキーレス、インロックにご注意

その日、いつもより遠出をして、大型ショッピングセンターへ出掛けた。

近所の方から貰い物をしていたので、
そのお返しに“生菓子”を買おうと久しぶりに足を運んだ。



   image155.jpg


買い物を済ませて、買い物袋を助手席に置き、
それを固定するためにバックも助手席に置いて
車の扉を閉めた。

その途端に、“ガシャ”と音がして、車にロックが掛かってしまった。

嘘でしょ、なぜ!?

と思いながら、運転席から助手席から、
ドアノブを引いてみるけれど、やはり開く気配すらなく、
完全に閉ざされてしまった車を前に、なすすべがないのだった。

あ、ここは大型ショッピングセンターだからサービスカウンターへ行こう。
それしか方法はない。

と思いながら、歩き出した。

“サイアク”という言葉は、こういう時のためにあるのだな、
としみじみ思った。

購入した生菓子も、この蒸し暑さでは廃棄するしかないかな、
と諦めの気持ちとともに。

その日は、休日で、大型ショッピングセンター内は人で賑わっている。

サービスカウンターに近づくと、
受付の女性のほうから、どうかされましたか?という感じで、
優しく迎え入れて下さる。

事情を説明すると、
それは大変ですね、という気持ちが伝わってくるように、
「車の中に、ペットやお子さんはいらっしゃいませんか?」
ととても親切な対応をして下さったので、
もう大丈夫だと思えた。

携帯もない状態なので、電話をお借りし、
“JAF”につないで下さり、駐車場の場所の説明をすると、
35分後くらいには来て下さるとのこと。

大型ショッピングセンターなので、時間を潰すのはそれ程大変なことではないが、
全くの手ぶらで、お店の中に入るのは気が引けるのだった。

JFFの人を待たせてはいけないので、早めに車に戻り、
大型ショッピングセンターなので、駐車場も広く、
すぐに見つかるかどうか心配ではあったけれど、
しばらく待っていると、FAFの車が到着し、難なく出合うことができた。

JAFの人は、こちらの心情を察してか、
非常に明るく快活で、
憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれるような爽やかな対応をして下さった。

そうだ、JAFを呼ぶ時は、皆たいていひどく困っている時に違いないから、
サービス精神から努めてそういう対応をして下さっているのだろう。

一つ一つ丁寧に説明をしながら作業を進めて下さり、
「車内にアイスクリームや生ものはありませんか?」
と気遣って下さり、
「生ものはあります。」と答えると
よりいっそう急いで手続きや作業をして下さったように思う。

なんでも、インロックのトラブルは、メーカーに関係なくあることなのだそう。
原因として、キーの電池が消耗していたり、
キーとスマホの電波の兼ね合いでたまたまロックが作動してしまったり等、
原因の確証はできないけれども、そういうことはよくあることなのだそうだ。

場合によっては、開錠に30分~1時間掛かることもあるそうだが、
ものの10秒くらいで開けて下さった。

いつもここのお店に来た時には、立駐は遠回りになるので、
平面駐車場に停めることが多いのだが、
この日は、生菓子を購入する予定だったから、
車の温度が上がらないようあえて立体駐車場に停めたことが幸いしたと思う。

JAFの人にも、炎天下で作業をしてもらわなくて良かったことも幸いだった。

鍵もすぐに開いたので、これならば、生菓子はすぐに届ければ大丈夫だ。

最近の車は、足や腕の筋力を使わずとも、
ボタン一つで操作できる時代になってきている。

キーレスは非常に便利だが、
便利さゆえの不便さがあることを身を持って経験することになった。

そして、こういったトラブルの時に、
サービスカウンターの女性や、
JAFの爽やかなおじさんの気遣いや優しさに触れることができ
有難い気持ちになったのだった。

人は宝だと思う。

困った時に助けてくれるのはやはり“人”、
人の有難みをしみじみと思えた機会だった。



[ 2023/07/02 13:21 ] 日々のこと | TB(-) | CM(-)

近くのお店に足を運んで買う

平日の人の少ない販売店

店内はガランとしていて
「いらっしゃいませ」の店員さんの声が響く。

店員さんの愛想が良く、
家の近くのお店を応援したい気持ちもあって、
できる限り贔屓(ひいき)にこのお店に足を運んでいる。


一旦考えて、

“よし!あれにしよう”

と決めていた商品が、
すでに売り切れになっていた。

やはり、お手頃な値段とサイズのものは、
皆が欲しいと思うのだ。


ちょっとショックな気持ちで、
やっぱり、少し値は張るが、
こっちにした方がいいかな!?と、
真剣に悩んでいるところに、


店員さんが商品を運びがてら、
「いらっしゃいませ、こんにちは!」

と明るく声を掛けてくれた。

有難い気持ちもあったが、

なにせ商品が売り切れていたショックと、
他の商品を買うべきかで悩んでいたところだったので、

返事のタイミングを失ってしまい、
無言でやり過ごした。

店内がガランとしていたので、
余計に申し訳なさが残った。


     image143.jpg


そんなこともありながら、
一旦保留にして考えて、
”これにしよう!”と決めていた商品が、
売り切れていたとなると、
やはり、迷ったもう一つの方が良いということではないかと思えてくる。

第一印象では、
値が張る方が良い、と思ったはずなので、
改めて、考え直すチャンスが与えられたのだと
思うと有難い気がしてきた。

買うつもりだった方は、
機能的には間違いないが、
デザイン的に多少の妥協があった。

値が張る方は、デザイン的には良いのだが、
機能的には、無駄がある気がする。


やっぱり迷う。


場所を取るモノなので、
再び、一旦保留にすることにした。


保留にしてやっぱり欲しいと思えるものが、
大体間違いがない。



モノを買うときの直感は、難しい。

どういった原材料が使われ、
どういった人が扱ったものなのか等、
様々な要因をはらんでいるからかもしれない。

だから、やはり、物を見て、触れて、
時に時間を掛けて決める以外に方法はないと思う。

確実に言えることは、
ネット通販よりも、
お店に足を運んで買った方が、
間違いがないということ。

足を運んで買うと、
以外な商品との出合いもあって楽しい。

心豊かに生きるとは、
こういうことでもあると思う。





[ 2023/04/14 12:50 ] 日々のこと | TB(-) | CM(-)

存在意義

自宅の本棚には、精神世界系の本が最もたくさん並んでいる。

どうしてこんなに精神世界に惹かれたのか、
理由は、本当のことを知りたかったということと、
「真理」を理解することで生きる苦しみから解放されたかった
というのがあると思う。


   image140.jpg



これだけの本を読んでも、
視野を広げたり、何かのきっかけになった本もあるが、
知識として身に付いたというよりも、
自分自身の経験から気づき、
気づいたことの答え合わせになったという点に、
価値があったと思う。

しかし最近は、スピリチュアル目的で
書かれた本に以前ほど惹かれなくなった。

渇いていた心がもう十分潤ったというようなことかもしれない。


今は、小説に惹かれている。

心は潤ったようでも、
眠っていたまた別の扉が開き、
水が欲しいと訴えてきているようだ。

よくよく考えてみると、
人生の学びや成長は、
小説を読むように、じっくりと時間を掛けて、
読み終わるころになってようやく一つのことに気づく、
というような進み方が理にかなっていると思う。

一冊の本を読んで、あれもこれもと真理を並べ立てられるのは、
おせっかいと云うものではないだろうか。


小説の存在意義は、

小説を書く人、

小説を売る人、

小説を買って読む人、

で構成されており、

どこが欠けても成り立つことはない。


私は、小説を買って読む人として、

この構成の中に参加することで、

小説の存在意義を助けられる。


人は、何か大きなことを成し遂げなくてはならないと思いがちだが、

小説を買って読む、

それだけで、世界に貢献できる。

私の存在意義は、ここにもあったと思えることは
自分への許しになる。


そして、小説を通して流れ来るものの何かを、
もっと追い求めて行きたい
という今は幸せな希望に包まれている。





[ 2023/03/30 12:30 ] 日々のこと | TB(-) | CM(-)

2022年が私にもたらしたもの

振り返ってみれば今年は、
「現実的な基盤、環境を整える」ことに
ずっと取り組んできました。

2022年は、「2」と「22」という
「2」並びだったという点、
また、それに伴い、
惑星の「逆行」と特殊な配列の影響によるものに
要因があったと思います。

もう少し、厳密に表現するならば、
「現実的な基盤(家庭も含め)、環境を根本から整えるために、
時間を掛けて、忍耐を持って取り組む。」
ということになったでしょうか。

それは、いつ終わるのだろうか・・・
というくらいに、
芋づる式に、次はこれ、次はこれ・・と、
通常ならすんなり完了するところでもそうはいかず、
こんな偶然ってある!?と思えるような、
現実感が薄らいで行くような感覚にさえなりました。

振り返れば、それは些細な感覚から、
1月にコスメを一新しようと思い立ったことが、
ほんの序章の始まりでした。


     image132.jpg


2月、実家の給湯器やコンロを
立て続けに買い替えることになり、
春には、セッションルームの部屋移動を行い、
内装の細かな部分をいろいろ修繕しなくてはならず、
ようやく完了したところで、
セッションルーム建物全体の塗装工事が始まり、
そのためすぐに営業再開とはいかず、
同時に、パソコンを修理に出し、
実家のパソコンも買い替え、
タイミング的に、Windows10から11に切り替わりの時期だったため、
メーカーのサポートが追いついておらず、
Windowsの問題なのか、パソコンの不具合なのか判別がつかず、
3ヶ月くらい釈然としない状況が続き、
落ち着いたところで、
電話やインターネットの光通信の乗り換えに3か月程かかり、
8月~11月に掛けては、電磁波対策を強化することを行い、
細かいことまで言えば、
タイヤ交換をしたり、ベットマットを変えたり、
床のラグを取り換えたり、
全て「基礎の部分」で、
結果的に、かなりの出費があったものの、
以前とは違う環境に着地して
今こうして過ごしています。

全ては、「現実的な基盤を整える」、
というところに集約されていたように思います。

書いてしまえばあっという間のようですが、
給湯器一つとっても、コンロ一つとっても、
どこのメーカーにするのか、
どういう性能、ランクのものを購入するのか、
部屋の修繕にしても、家具の移動にしても
どこの業者さんに頼むのか、
一つ一つが選択の連続でした。

それに加え、選択をした後で、
物事がすんなりとは進まなかったのは、
「惑星逆行」のなせる技だったのでしょう。

そういった中で、
天を仰ぎたくなるような理不尽な出来事がある度に、
否応なしに精神的な気づきも増えました。

しかし、結果的に、電磁波対策を強化し、
環境が良くなったことで、
身体の不調も改善し、健康増進に繋がりました。

セッションルームにおいても、
これまで以上に、電磁波対策を強化した環境の中で、
セッションを受けていただけるようになりました。

また、セッションルームを移動したタイミングも、
壁や床のクロスが全て新しく張り替えられ、エアコンも新品、
引っ越しは大変でしたが、よりリフレッシュした環境になりました。

まさに、「2022」の連続する数字が持つエネルギーを受け、
それを体験し、活用させていただいた1年だったと感じています。

先日には、これまでお仕事で使用していました名前を
「改名」をさせていただいたことも、
基本的部分の見直し、調整の一つだったかもしれません。


皆様は、今年を振り返ってみてどうでしたでしょうか?


「2」並びの年だから、ということから
選択し行動した結果ではなく、
私の場合は、あくまでも「直感」に従った結果。

おおよその予測はできても、
体験して感じて行くことに、
この時代を生きる意味があると思っています。

宇宙からの波に呑まれてしまうのか、
波を乗りこなして活用するのかは、
「自分の内なる声」との繋がりをしっかりと結んでおくこと。

セッションでは、そのためのサポートをさせていただいています。


来年も、どうぞよろしくお願い致します。






[ 2022/12/26 15:20 ] 日々のこと | TB(-) | CM(-)

魂に適う道

精神世界の学び
仏教の教え
古神道より学んだこと等々・・

image117.jpg

それらが混ざり合い
自らの経験と照らし合わされ

本当に良きもの
より心を捉えるものが
浮かび上がる


これが真の道、魂に適う道だと

より明るく、行く先に光が差し始める





[ 2022/09/02 13:28 ] 日々のこと | TB(-) | CM(-)

ままならぬこと

独りよがりの厳しさで
しつけをする姿に胸が痛んだ

今もそれは、深く重い感覚として
私の中に、残っている

子供は、全身で泣き
抵抗していた

解ってもらえない哀しみに
その苛立ちに
不自由さに

泣いても
叫んでも

母の心には届かない


   image115.jpg


その母もまた
教えられるべきことを
教えられてはいない



私 : ◯○ちゃんは間違っていないよ

子供 : じゃ、ママが間違ってる?

私 : 人それぞれ考え方が違うんだよ


もし、ママが間違ってると言ってしまったら、
この子はママを恨んで生きるようになるのではないか

だから、その時、そう言うことしかできなかった
この意味がちゃんと届いているといい

子供は、5分もすれば、いつものように遊びに夢中になる
まるで何もなかったことのように


ただ、もやもやとした黒い影が、
心に巣くってしまわないように

私が伝えられることは精一杯、伝えて行く


そして、見守るしか

時間を掛けるしかないこともある




[ 2022/08/27 11:52 ] 日々のこと | TB(-) | CM(-)

自然に還って行く

image107.jpg


コロナ渦により、
以前よりも時間と心に余裕ができ、
新しく始めたことがいくつかあります。

それはどれも、
心豊かになること、
健康になること。

だからこそ、続けられそうな予感がします。


写真は、花の咲く今が旬の「ドクダミ」を収穫したもの。

化粧水にしたり、乾燥させて残りはお茶にします。


それから、乳酸菌が身体に良い「ぬか漬け」を始めました。

始めるのは、初夏か秋が良いそうですから、
今が良い季節。

隠し味に、唐辛子の他、昆布や削り節、
煮干し、干し椎茸などを入れると良いのだそう。

だいたい20日程でぬか床が出来上がるそうです。

健全な心を維持するには、
毎日何か続けていることがあると良いそうですが、

ぬか漬けは、毎日かき回す必要がありますので、
日々の日課として、
トライしてみるのにお勧めかもしれません。




[ 2021/06/12 15:12 ] 日々のこと | TB(-) | CM(-)

色とりどりのお花みたいに

彩雲が、最近、今まで見たことのないような色合い、
少しエメラルドグリーンがかって見えたり、
雲の形も不思議だなぁと思えることが多い気がします。

パステルカラー、ふわっと優しい透明感のある色合い。

その色に目を向けると、一瞬思考が止まるような感じ。

  image93.jpg

昨日は、愛猫の49日が過ぎ、
お参りに行ってきました。

いつ行っても合同墓地には新鮮なお花が沢山。

その前で手を合わせると、
いつも、心が幸せで満たされるような気がします。

歓びが心に広がるような感じ。

まるで色とりどりのお花みたいに。

亡きペットたちに祈りを捧げる人の優しい思いなのかな、
ペットたちの歓びが伝わってくるのかな。

ただただ浮かんでくるのは、ありがとう、の言葉。

それ以外に言葉にならなくて、

ちゃんと伝わればいいなとただそれだけを思って、

手を合わせました。


------------------------------------------

何か新しいことを始めたいなと思っていて、

カードが気になっていて、

もっとカードからのメッセージを大切に
受け止めて、役立てて行きたいなと思っています。

そんな思いで、引いた1枚のカード

集合意識にとって今必要なメッセージは?

という問いかけをして引いてみました。

    image92.jpg


あなたの考えの一つ一つ、
口にする言葉の一言ひとことに、
あなた自身や、周りの人を癒す力があります。

「全ての言葉は”思考”の後に続く。
思考こそが支配者であり、
すべては思考によって創られる。

もし汚れた心で考え行動したなら、
車輪がそれを引く雄牛の足についていくように、
くるしみがついてくるだろう、

純粋な心で考え行動したなら、
影が決して自分から離れないように、
幸せがついてくるだろう」(法句経より)

行いや話す言葉が、ポジティブであるように心掛けましょう、
というメッセージをこのカードは伝えてくれています。


「HEALING CARDS」より





[ 2020/04/12 15:53 ] 日々のこと | TB(0) | CM(0)

新年のご挨拶

2020年、令和二年、明けましておめでとうございます。


  image81.jpg

毎年お正月前後というのは、
一斉にお休みの時期ということもあり、
それを反映するように、天気も穏やかになりますね。

大晦日は、気持ちよく新しい年を迎えるために、
できる限りのお掃除と、お正月の準備で、
特に慌ただしい日になってしまいがちだと思いますが、
そんな時に、
質素にこそ、
心の余裕と、本当の幸せがあるなぁという風に思いました。

若い時は、そうでなくても良いと思いますが、
年齢を経る毎に、
本質のところを大切にして、
そうでないところは、上手に手放せた方が
余計な力みが抜けて楽だと思います。

最近、TVで「池の水全部抜く大作戦」というのが
やっていますが、
昨日のお正月に放映されたことには
大切なメッセージがあるように思いました。

日本固有の生物というのは、
本来、綺麗な水環境に生息していたもので、
見た目はとても地味で、凶暴さがなく優しい感じがします。

その地味さとか優しさが、
本来の日本人らしさでもあるのではないかと思います。

また、外来生物の繁殖により、
在来生物が絶滅危惧種になっている、という警告も
番組が伝えてくれている大切な部分だと思いますが、
生物だけでなく、
今の日本の状況を反映しているようにも思えます。

つまり、まずは、日本の風土というものを、
日本人は、もう一度認識し直すことが必要で、
それに合った生き方をしていくことが大切ではないかと思います。

そこを押さえて生きることが、
心の豊かさや、本当の幸せに繋がっているのではないかと思います。

地味でなくてはならないとか、そういう極端な意味ではなくて、
本質的なところに、美的意識を持ち直していくことも、
良いことだと思うのです。

また、番組では、
お城のお堀のお水を抜いたことで、
昔の時代の貴重な屋根瓦が見つかっていました。

日本人のDNAに刻まれている、
本質的な美というものを、
今の私たちは失ってしまっていたと思いますし、
もう一度、その感性を取り戻し、
これからの世界に繋げていくことも、
必要なことだと思います。

宇宙人(未来)から学ぶことも大切ですが、
先祖(過去)からも学ぶ姿勢、
両方が大切ではないでしょうか。

その上で、今の私たち自身が、それらを受け継ぎ、
何をこの世界に残していけるか、
その位置に立つことが、大切なことだと思います。

そんなことを考えつつ、
新年、お正月を過ごしています。

それでは、
本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。





[ 2020/01/02 13:53 ] 日々のこと | TB(-) | CM(-)

お引っ越し

今のお部屋に荷物を運び込んだ当時、
小窓から見える夕陽がとても綺麗でした

まるで祝福されているように思えて
このお部屋にして本当に良かったなと思えるほどに

条件としては、いろいろ叶ったお部屋であり、
場所でしたので、良かったのですが、

ここを暫く借りられたことで、
自分の中で、切り捨てて良いところ、
絶対に譲れないところがはっきりとしました

    image28.jpg

こうして、経験し、納得しながら、
進んで行くことが、人として生まれた宿命ですね

次の場所は、今月の半ばに、
突然に、すぐに決まりました

今日の朝、次の場所ならば、
天気と気温が良い日には、外でお散歩をしながら
セッション・お話ができるかもと突然閃きました

実際に、下見をしてから検討してみたいのですが、
できないことはなさそうだと思いますがどうでしょうか

自然の力を借りながらセッションができるなら、
それに越したことはないと思います

あと、今後、カウンセリングで、
新たな手法も取り入れながらやって行けるように
今、勉強中です

勉強と言っても私の気が向いた時に学んでいる感じなので、
いつ頃から始められるか分かりませんが、
今後はもっと私らしくやっていけるような予感がしていて
わくわくしています

少しでも楽しく受けて頂けた方が良いですよね♪

それから、今後、二人~三人くらい集まっていただけたら、
グループセッションをしていきたいなと思っています

目的や関心が似ている人同士集まって、
お話をしたり、波動を上げて頂ける機会になれば、
これ以上のことはないと思います

という感じで、いろいろ検討中です

検討中なので、どれが実際できるようになるかは
今のところ未定ですが、

今は、まずは、引っ越し頑張ります!


[ 2019/07/31 13:16 ] 日々のこと | TB(-) | CM(0)

ターコイズブルーと金星

自分の中で、まだ言葉になっていない、
自覚できていないメッセージを、
カラーやアロマ、カードを介して、
気づかされることがあります。

そのように受け取った、
私の新年のメッセージは、

ターコイズブルーと金星

    image48.jpg

これは、私だけでなく、
今年のエネルギーともシンクロしているようにも思います。

ターコイズブルーは、
豊かな想像力、表現力を表わす色

金星は、
愛と美と調和を表わす星なのだそうです。

つまり、愛と美の創造的表現、
心を開き、喜びをもたらす
バランス感覚、自分の感性や能力を信頼する
というメッセージのよう。


私自身の個人的なメッセージとしては、
以上を簡潔にまとめてしまうと、

「自分が誰かを知っている」

というメッセージ。

まさに、この言葉、今の私の心境そのままで、
(さらに深い理解の次元があると思いますが)
「言葉」にして初めて自覚できました。

こういった納得のポイントというのは、
本人にしか分からないものがありますよね・・


他に、今年は、アロマとカラーから、
オリジナルのアロマヒーリングを
どのメニューにも付けさせていただく予定で
現在準備中です。

直観と、学びの両方から、
今必要なエッセンシャルオイルを
ご提案させていただけたらと思っています。

オイルは確実に存在しているもの、目に見えるもの、
植物のエッセンスが凝縮されたものですので、
通常のヒーリングには懐疑的な方にも
より納得していただきやすいのではないかと思います。

オーラのエネルギーバランス、活性化のために、
ご提案できればと考えています。


皆さんも、もしかしたら、お正月を過ぎて起こった出来事から、
何かしら今の自分、今年のメッセージを
感じられている方もいらっしゃるかもしれません。

心動かされたこと、の中に、
大切なメッセージがきっとあったはずです。

一見ネガティブな出来事の中にも。


ユーミンの歌詞にもありますよね、

全てのことは~メッセージ♪と


一歩前へ進もう、という気持ちをいつも大切に・・


今年もどうぞよろしくお願い致します。



[ 2019/01/04 14:41 ] 日々のこと | TB(0) | CM(0)

ターニングポイント

陰陽の極まったところ。

これは、私の個人的な感覚かもしれないけれども、
今、そんな感覚がしています。


    image44.jpg


あと2年が正念場、そのようにおっしゃっている方もいて、
なるほどと思いました。

これから何を選択していくのかを
本当に問われている時。

もちろん、わたし自身も。

だからといって、焦っても仕方なくて

足場はとても繊細で、
不安になった途端にふらついてしまうので、
そこの加減が難しいところ。

上を目指せば目指すほど、足場は繊細になっていると思います。

こんな時、自分にとっての心強いサポーターアイテム
を見つけておくことがまず最優先のように思います。

そして、今、それが見つかりやすい時ではないかと。

健康は本当に大事。

やっぱり私には、自然が欠かせない存在。

自然があるからこそ、私たちは、本来、健やかに豊かに生きていける。。

今、一人一人の決断が、今後の世界を大きく変えていく。

そのプログラムはすでに在る。


そういう大事な時を、私たちは生きているのだと思います。



[ 2018/11/26 16:54 ] 日々のこと | TB(0) | CM(0)

心機一転

先月は、一人一人、今年のテーマが、
分かりやすく現実化し、
前回のブログにも書きましたが、
完結、決着、完了、一区切り、という状況、
あるいはタイミングが、
心、身の回りに、現れてきたのではないでしょうか。

あるいは、単に何かを買い換えた、
ということもあったかもしれません。


    image45.jpg

そして、月替わりし、
今月は、心機一転、
何かが新しく始まる時、
あるいは、変わらざるを得ない時。

今を生きながらも、
来年へと思いをはせ、
どんな心持ちで過ごしていきたいのか、
これから、どうしていきたいのか、
どこを目指していくのか、
そのためには、どうしたら良いのか、
そのヒント、きっかけが得られやすい時だと思います。

今日の太陽は、全てを見透かすようなクリアな光。

これまで目の行き届かなかったところにまで光が当たり、
これをポジティブに捉えることができれば、
新たな希望、方向性が見えてくる時かもしれません。




[ 2018/10/02 17:20 ] 日々のこと | TB(0) | CM(0)

秋分

あわい 黄昏どき 

この夜とあの世の重なるところ

秋分の日 

    image44.jpg

本当のこと

誰が教えてくれる?


聞こえてくるメロディ

懐かしくて切ない

心を感じて

心の深くで分かってる



焼け付くような太陽と
吹き抜けて行ってしまった風と突然の雨と

そんな風に心の中で起こったいろいろなこと

いったいどこに向かっているんだろう

不安になったけれど

ほっと一息

この時を迎えられて

達成、完了、完結、一区切り

そんなクライマックスを祝福するように
昨日の夕日は澄んでいた

終わりと始まり

またいつでも始められる


魂は伝えてくれている

これでいいんだよと




[ 2018/09/23 14:48 ] 日々のこと | TB(0) | CM(0)

始まりの時

愛知県小牧市で、カウンセリングとヒーリングを行う、
プライベートルームをオープンしました。


         image1.png


今は、様々な情報や刺激が多く、選択肢も広がり、
内側(心・感情・魂)に意識を向けていることが難しい時代です。

本来、人は魂あっての人として存在しているのに、
頭の考え、理性のみで判断し、生きているのが
多くの現代人の姿のように思います。

一見それは、進化しているようにも思えますが、
頭と心が切り離された状態、
身の安全は確保できているようでも、心は空しい状態です。

目に見えないものは信じられない、
確かに、私もそのように信じて生きてきました。

しかし、そうではないことを裏付ける経験を重ねるうちに、
この世界は、目に見えない世界が実際に存在していることを
確信できるようになりました。

現代は、正しい情報、そうでない情報が飛び交っていますが、
それは、目に見えないスピリチュアルな世界でも同じ事が言えます。

物質的な世界は、境界線が明確ですが、
精神的な世界は、境界が曖昧です。

スピリチュアルな世界を探求していくと、
いったい何を信じたら良いのかという状況に陥ってしまうのは、
このためではないかと思います。

だから信じられない、怪しい、
私も、そのように思うことが何度もありました。

でも、だからといって、無いわけではない。

この境界をどのように認識したら良いのかを明確にすることが、
私にとって難しいテーマでした。

精神の世界は、個人的なものです。

しかし、深くなればなるほど、誰もが共通しているところに行き当たります。

その場所に一旦戻らなくては、
本当の意味で、人と繋がることはできない、
というのが私の結論です。


頭に向かってしまっている過剰なエネルギーを、
本来の状態に戻していくこと。

これが、多くの現代人にとって今最も大切なことだと思います。

そうした先に、心の充足や、幸せな生き方がある。


私自身も、物質中心の時代に生まれ、その恩恵を受けると共に、
頭と心が切り離された状態に疑問を持たず、
おかしいことだとも分からず生きてきました。

これまでの私の試行錯誤が、少しでも誰かの心の安らぎ、
幸せな未来に繋がって行くのであれば、
それを伝えていくことが、
私の役割ではないかと思います。


一人一人の方が、個人的な精神の世界を持っていますので、
どのように対応していけるのか、今は予想できないのですが、
私自身も成長させていただきながら、一緒に考えていきたいと思います。


あなたのことが分かりません。
だから、話してください、教えてください。



私とのカウンセリングやヒーリングを通して、
ハート(心・感情・魂)に意識を向け、
本来の在り方を取り戻すきっかけにしていただけたら嬉しく思います。


星のひかり -Light on Earth-






[ 2018/01/09 16:23 ] 日々のこと | TB(-) | CM(-)