森の香り* 魂のヒーリングセラピー

愛知県小牧市|占い・スピリチュアル| ハートの声を聴くカウンセリング、自然で健やかなご自身をサポートする レイキ&オーラヒーリングを提供しております

小牧山城、ここにあり

ここ小牧の地には、
こんもりとした木々に覆われた小高い山があり、
その頂上には、「小牧山城」が築かれている。

小牧山城は、今から460年前、
織田信長によって築城され、その信長亡き後、
息子である織田信雄(のぶかつ)と徳川家康が、
豊臣(羽柴)秀吉との戦い(小牧・長久手の戦い)に備えて陣を張った場所でもある。

近年、“天下分け目の戦い”とは、
この地で行われた、小牧・長久手の戦いを筆頭に
そう呼ぶにふさわしいのではないかとも言われはじめている。


    image157.jpg


小牧山から北側に少し離れた場所から眺めていると、
あたかも飛行機が山に突っ込んで行くかのように見えることがある。

山の南側を見下ろす先には、
小牧空港や小牧基地があり、
飛行機はそこを目指して着陸態勢に入るためである。

今、山全体を樹木に覆われた小牧山からは、
夏の盛りでシャンシャンと蝉の声がいつやむとも知れず延々と響き渡る。

過ぎし日の戦国時代の歴史を抱えた山が
今年も夏を迎えた。

小牧山の歴史はそれだけではない、
戦時中には、年若い青年たちが
特攻隊の任務に就き、戦闘機で飛び立って行った、
その光景を、山は記憶しているはずだ。


以前、奈良の山奥にある玉置神社を訪れたとき、
宮司さんが、私に話して下さったことを思い出す。

「あんたは、小牧から来たんか、そうか・・。
飛行場があるな。
そこにおったよ。
仲間がみんな特攻隊で飛んで行った。
わしはそれを見送った。
その光景を今でも忘れられない・・・。
誰も帰っては来なかった・・。」

その時はなぜそんな話を聞くことになったのか分からなかった。
小牧の地からあのような山奥の神社を訪れる人は珍しいからだろうくらいに思っていた。

でも、今は思うのだ。

その話を聞く意味があったのだと。

人は皆、幸せを求めて神様に祈るだろう、
けれども、まず、今の自分が無事に生きていられるのは、
過去の多くの人の犠牲の上に、
平和な今があるからだということを忘れてはならない。

幸せとは何か?

当時の人の幸せとは、
「戦争の無い世になること」
「ご飯をお腹一杯食べられること」
「家族が皆で一緒に暮らせること」

ではなかっただろうか。

戦国時代でもそうだ、
健やかであること、
戦の無い世を目指し、天下統一をはかることが、
いかに困難なことであったか。


過去を懸命に生きた人々の切なる祈りや、
御国のためにと多くの命が犠牲になった事実、
その上で得られた平和を、
現代人はこれまで享受して来た。

確かに、祈りは聞き届けられてきたのだ。

現代人の過ちとは、
今在る幸せを、幸せとは思えないことではないか。

それは、すなわち、不幸であるとも言える。

だから、過去を、歴史を、知ることは大切だと思う。


山は、城は、いつも変わらずに在り、
確かに歴史はあったのだと静かに伝えてくれている。


明日13日から、NHKの大河ドラマ『どうする家康』で、
小牧・長久手の戦いの場面が描かれ、放映されるそうだ。

だからこういった内容のブログを書こうと思ったわけではないが、

ふと、車窓から小牧山と大きな飛行機を目にした時、
いつも変わらない姿を見せてくれている小牧山が、
いつまでもその佇まいを変えないでいてほしいと切に思ったからだった。




スポンサーサイト



[ 2023/08/12 12:33 ] 神話・歴史 | TB(-) | CM(-)